■鉄道の旅に出よう

身近な鉄道を使って旅行に出てみましょう。グループであれば、自動車と違って1人残らずみんなで、その道中でも語らうことが出来ます。ミニバンやワンボックスなどでは、後部座席で盛り上がりがち。運転席と助手席ではルート選択の問題や渋滞などでイライラしたりしてしまうこともありますが、鉄道の旅ではそんなことは考えずにみんなで車窓を楽しみ、会話を楽しむことが出来ます。途中で見つけた地ビール製造所や酒蔵にワイナリーなどを訪れても仲間はずれは出来ず、みんなで楽しむことが出来ます。美味しい料理に美味しいお酒を飲んで、眠たくなったら車内では寝ることだって遠慮は要りません。車であれば探すのに苦労してしまうトイレだって、殆どの列車に付いていていつでも行くことが出来ますから、遠慮は要りません。

1人旅であれば、道中に隣席の見知らぬ人との会話も楽しいもの。他人だからこそ話せることだってありますし、意外な出会いが有るかもしれません。旅の目的や目的地が近ければ情報交換が出来ますし、旅のやり方なども参考になる情報を教えて頂けるかもしれません。気が合えばそのまま途中のルートを道連れに旅行することもあるでしょうし、その場では別れても、行った先で驚きの再開が有るかもしれません。そんな驚きの出会いは結構有るもので、旅に彩りを添えてくれます。

目的地が近づけば地元の人との会話もしてみましょう。地元の人しか知らない様な、とっておきの見所や食べ処の情報があることでしょうし、地元の方言も聞けて旅に来た実感を味わうことも出来ます。殆どの駅には観光案内所がありますから、行き当たりばったりで行ったとしても、見所や食べ処、宿泊施設だって紹介してくれます。電車であれば移動中に排気ガスを出すこともなく、ローカル線に多いディーゼルの列車だったとしてもトータルで考えれば比較的エコな旅が出来ます。

アスタキサンチンに興味をもったら見る情報紹介サイト